コミケ90:13日(土)A-66a
by uturogiangu
 
 
カウンター

Total (+142000ぐらい)


カテゴリ

・雑記
・告知
・プロフィール

補足感謝御礼
ゴルゴ31
CG定点観測
Mug-G's
StarLightParade
Blue Twin Tails
Temporary Feeling



以前の記事
2016年 12月
2016年 08月
2015年 12月
more...
人気ジャンル
放浪凍結都市・KANAGAWA

えー下の日記で入稿行ってきます、と書きました私です。
2日かけて帰ってきました。
…暖房の効いた部屋があるっていいなと思います。心から。
とりあえず入稿は無事完了、と報告だけしまして、2日にわたる入稿模様をさらさらと。
えらい長くなったので御注意を。

13日午前8時ごろ。
思いの外手間のかかった編集作業を終えて、書類をまとめJRの駅に突貫。
近所の高校生でごった返す中、自転車を止めて駅内へ。
ここに置くのは年2回ぐらいで十分なんですが、2週間後の予行練習と思えばなあに、かえって免疫力がつく。んなわけあるか。
名古屋に到着、いつものクレープ屋でクワドロブルクリームを注文しようと思うも開店時間前。
やや絶望的になりながら本線に戻る。
この時点で手持ちの食料は前日に購入したカロリーバランス(否カロリーメイト)のチョコ味が1ケースのみ(;´ω`)会長ほどには極めつくさぬ身の上なれば。
ちくちく鈍行に乗って豊橋まで移動。
構内にて
「ただ今の浜松方面の電車、雪のため運転見合わせ中」
(;゜Д゜)<D!!
よりによってこのタイミングでというかなんというか相変わらずだ。
このまま足止めくらい続けると切符が無駄に、というか入稿自体不可能なんですががががが。
仕方ないので駅舎で朝食(多分8時くらいだったので)立ち食い蕎麦が好きな私ですので、そこはとりあえず天ぷらそばを注文。

_| ̄|〇   玉ねぎ天だった。。。

殺す気かと言うほどの量のネギでありました(;´д`)未だ香りが残ってるような気が。
悶絶してるうちになにやら電車が復興、乗車率が300%ぐらいになってそうだけど見ないことにする。
その後無事川崎に到着する頃にはすっかり日が暮れておりました。。
持ってきた終わりのクロニクル1巻(上下)とGOSICK5巻はすっかり読了。

目的地の駅で地図を見ながら「ああ、ここからだと…右だな」とかドミニクさんみたいな事を行ってる時点でやばいなとは思ったのですが、案の定徒歩路になってから右往左往。
40分ほどうろついてようやくそれらしき場所を発見。
「すいませーん、入稿を」
「ああこちらは社舎ですので、事務所のほうにお願いします」
(;´д`)
「あっちの信号過ぎたところにあるビルの一階ですので」

その『あっちの信号』を探すのに更に15分を要し(3つ先の信号でした)ようやく到着。
〆日の夕方辺りからは相当混むという話だったのですが、そこまで凄まじい事にはなってませんでしたね。中にいたのも5~6人程でした。
原稿を渡して暫し待つ…と思ったところで見ると、その場でパソコンに読み込んで確認している様子。
受付カウンターの隣のパソコンで。
ぐおう、何だこの羞恥プレイは…!リアル斑目ッッ。
戦々恐々としてたら、なにやら係りの人に呼ばれました。
「すいませんこのページなんですが…」
まさか不備発覚かと近寄って…いやちょっと待て、他の周りの人も微妙に集まってる!(;゜Д゜)
つうかパソコンの位置が近すぎる!台詞がしっかり読める!助けて!
「このライダーさんが○○○○の噴出しなんですが、もしかすると端が少し切れるかも…」
解説しなくていいですYO!ちくしょう、もしこれで今ここにいる人が当日近くのブースだったら、ワシ、死ぬかも知れん。

そんなこんなで印刷代も払って一応新刊の作業は終了。
お疲れ様でした。帰れないけど。
そう、18切符で鈍行乗り継ぎなのでもう電車が無いんですよね(;´д`)8時だけど。
半ば危惧していた事ではありましたがー電車が止まりさえしなければなー。。
そこにいてもしょうがないので、近辺で夜を明かせるところを探す事に。

程なくして24時間営業のデニーズを発見。宿に決定。
入ってる時間は少ないに越した事はないということで、暫くは近くのブックマートで本読んだり買ったりして時間稼ぎ。11時ごろ入店。
せっかくなので思い入れのあるものを食うことにして、カニクリームスパゲティ。
「ふふ…思い出すなあ、この味。2年前の冬コミ前に同じもの食ったっけ…※いい思い出だ」
                    ※(品川でトラックに激突して胃潰瘍になりかけた思い出)

暫くは普通に飯を食ったり古本屋で買ったすももももももを読んだりしてたのですけども、予想以上に他の客の回転が早く、かつ店員さんのサポートが慇懃無礼すぎて耐えられなく(;´ω`)
というかフリードリンクが注文制な時点で諦めるべきだったろうか。。
1時ごろに退出。更に寝所を探してうろつく事に。

流石に2日前からほぼ徹夜状態だったので、朦朧としてたのでしょう。
気がつくとそこに眠るのにちょうど良さそうな場所が。。。
いや、どう見ても雑草に覆われた工事現場ですけど。
余りにも眠かったせいか前にも似たような事があったせいか、もう何か面倒になったのでそこで寝てました。
なんでこう野営する羽目になるときは毎度毎度12月なんだろうなと頭を抱えつつ、以前の経験を生かして体勢を入れ替え続けて5時ぐらいまで仮眠。バカですか。

翌朝には脚の感覚がまるで無くなってるは間接ゴリゴリになってるはで色々悲惨な事に。
すんません大佐、リタイアっす。
なんとかコンビニでサンデーマガジン読みながら体を温めて始発に乗り込み。
流石に満身創痍だったおかげで、復路は殆ど爆睡状態(`・ω・´)
川崎>静岡と静岡>豊橋に乗り換えなしの路線があったおかげで結構な時間落ちていられました。静岡駅の立ち食い蕎麦も食えましたしね。
行きのような天気に見舞われることもなく、名古屋駅に到着。前の日に食いそびれたクレープを購入。クリーム全部盛り、毎度注文した時の店員さんの顔が見ものです。

嫌がらせに赤福でも買って帰ってやろうかと思いましたが、出費が激しすぎるので自重。
最寄の駅までじっくり1時間かけて帰ってきました。後、帰宅前にサークルの昼部に顔だし。
幾人かに「生きていたのか!」とか不動明みたいなことを言われたので、とりあえず「デーモンだからな」って答えときました。いい加減このネタ忘れたい。



そして数時間後。
とっとと休むはずだったのに何故か男4人で暗室にこもって「零-赤い蝶」をプレイしてる俺がいました。
何やってんだ。
by uturogiangu | 2005-12-15 23:23 | 雑記
<< 冬コミ新刊サンプル 冬コミ脱稿! >>